任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・大東市の任意売却

・大東市の任意売却

大東市の任意売却物件を購入していただいたお客様からうれしいメールが来ました。

この方は当店にお越しいただくまで、大手、中小の不動産業者、数社にお世話になっていたそうです。

ところがどの不動産業者でも住宅ローンがつかず、当店にこられる直前に行っていた業者さんでは、不誠実な対応をされていたようでした。
(フラット35の適合証明が出ない物件なのに、フラット35で住宅ローンを申し込んで、結果、適合証明書が出ないので、審査が通りませんでした、という何とも間抜けなお話でした。あきらかに担当者の知識不足です。)

そんな経緯があったのでしたが、お客様はどうしてもマイホームの気持ちをあきらめられず、私のところが掲載していた物件のお問い合わせをいただきました。
見学したところ、気に入って申し込みをいただきました。

何社も不動産業者をたずねて、そのたびにダメだしをされていたので、マイホームを諦めきれないものの、諦め気味な感じでした。

お客様の内容をヒヤリングして、すぐさま各銀行に電話をして審査基準に入るかどうかを確認すると、その中の一行は基準には入るとの返事。
そして、事前審査の申込書を記入してもらい、必要書類をそろえて申し込んだ結果、2日後に「承認が取れました」との連絡。
そして、1.6%の金利優遇まであるとのこと。

他社さんがおろそかなおかげで私のところで購入いただけました。
そして、リフォーム工事までご依頼いただきました。

事前審査を出すときに、前の業者にとっておいてくださいと言われ、とっていた信用情報を見せてもらいました。

なんで…と思うような情報が残っていました。

このお客様の条件では、審査の基準に入らない銀行に数行申込みがされていました。そしてだいじょうぶな銀行には申し込みがされていませんでした。

申し込む前に電話で確認しないのだろうか?
4社ともに…
不思議でした。

年間のうち、2件くらいはこのようなケースか、もっとすごいのは、見学に連れて行ってもらって、その物件は気に入ったので購入をきめたけど、その担当者と会社がイヤだからコチラでやってください、というような契約があったりもします。
購入先の業者の選択権はお客様にありますので、ご希望いただいたように当店ですすめさせていただき、ありがたくご契約をいただくのですが、その他社さんに対して私は、「もったいない、なんでちゃんとしないのだろう…」と思ったりします。

私も、反面教師として肝に銘じるようにしています。

話がそれましたが、このような経緯があって購入いただいたので、マイホームの感激もひとしおで、入居後、奥様がつくられた花壇の写真を添えてご丁寧な御礼のメールをくださいました。

喜んでいただけるというのは本当にうれしいものです。

当店では、お客様に満足していただける取引を心がけております。
売却される方にも、購入される方にも「関西エステートにたのんでよかった。」と言っていただけるよう日々精進してまいります。

コメント


認証コード7427

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional