任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・岸和田市の任意売却無事決済終了!

・岸和田市の任意売却無事決済終了!

岸和田市の任意売却物件の決済が無事終了しました。
いろいろありましたが、無事終了できてホッとしました。

役所との一部金の交渉は厳しかったですが、なんとかまとまりホッとしたのでしたが、2番順位の○○保証さんとの交渉が大変でした。
○○保証さんの決済稟議がおりるのには約2ヶ月要しました。

他は、決済を早くにいただけたので、「来週中にはなんとか…」という○○保証さんの担当の方の話だったので、決済日を念のため余裕をもって、その時から3週間後に設定しそれぞれの債権者さんに連絡をし、準備していたのですが…
決済予定日の7日前になって、予定日におりるかどうかもわからないとの連絡があり、

私:「え~、なんでですか?先日の来週にはという言葉を聞いて、3週間後に設定してたのに、あかんて…買付お送りしてからもう1ヵ月半くらいになるんですけど…。なんでこんなに長くかかるんですか?」

担当者:「担当としては、おろしたいと思ってちゃんとしているんですが、今回は時間がかかってます。今のところなんとも言えません。とりあえず○○日の決済は無理です。」

私:「え~、そうなんですか。じゃあいつで設定したら大丈夫なんですか?皆さんの都合(特に買主さん)があるのでハッキリしていただきたいのですが…」

担当者:「予定日の2週間後なら間違いなく回答が出ると思いますのでそれでお願いできますか?」

私:「仕方がないので、それぞれに確認してまた連絡させていただくようにしますけど、決済(承認)だいじょうぶなんですか?」

担当者:「今のところ何とも言えません。」

だいたいおかしい。私か、所有者さん、あるいは1番手の債権者さんにイヤキチをしているのか、稟議をあげるのを怠けていたのか、まず何かあるのに間違いはない。

そんなことで、各関係者に説明し、予定日の変更をお願いするのですが、1番手の担当者さんに怒られる。なぜか私が怒られる。

関係者の皆さんには、○○保証さんとの進展具合を逐一
報告していたのでしたが、こうなると怒られるのは、私たちということになります。

こんな経過があったので、無事終了できたときは、所有者さんにも喜んでいただきましたが、うれしかったです。

ご依頼をいただいた所有者さんは、一区切りついて、再出発にむけ上を向いておられるので、よかった、と心から思いました。 

人生死ぬこと以外はかすり傷、という好きな言葉があります。
本当にそうだと思います。

住宅ローンで破たんしても、自己破産などしなくても、任意売却というすばらしい解決方法で解決できるのです。

住宅ローンの返済でお困りの方、お気軽にご相談ください。

コメント


認証コード0237

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional