任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・自己破産と任意売却

・自己破産と任意売却

住宅ローンを払えなくなると、自己破産をしないといけないと思われている方が多いです。
借金が住宅ローンだけの場合は、あえて自己破産する必要はないと思います。

住宅ローンのほかにも借金があり返済が苦しい場合は、自己破産をするのも方法です。

自宅がオーバーローン状態で、売却してもローンが多く残ってしまう場合などは、破産手続きの申し立てをしても、手続きが同時廃止となり、問題はないかと思いますが、オーバーローン状態でないときは管財人が付く管財事件となり、費用がたくさんかかってしまうことになります。

管財事件になると、裁判所に納める予納金だけで20万以上かかってしまうことになり、手続きを弁護士に依頼するとその費用も別にかかりますので、お金がないから自己破産しようというのに、費用が高額になりたいへんです。

任意売却自己破産をお考えの方は、任意売却をして債権額を確定させ、それから自己破産手続きをするのがいいと思います。

すでに弁護士に相談されている方はそのあたりをよくよくおたずねになって進めていかれるようになさってください。

-----------------------------

任意売却自己破産をお考えの方はまずご相談ください。

関西エステート任意売却相談室
フリーアクセス 0120-658-021
http://www.ninbai-o.net/

コメント


認証コード8893

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional