任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・個人信用情報に残る期間

・個人信用情報に残る期間

知り合いの業者さんから質問があり、業者でもわからないのなら、個人の方ならもっとわからないだろうと思い、記事にします。

債務整理をした方が、新たな借り入れをしようと思えば、債務整理をしたという、個人信用情報の記録が消えていなければ、まず新たな借り入れはすることができないです。

信用情報から記録が消えるのは、債務の弁済を終えてから5年(自己破産の場合は10年です。)ということです。

任意整理特定調停、個人再生で債務が確定し、その弁済が終わってから5年ということになります。弁済が終わるまでは、当然に借入金があるわけですので記録されています。
合意が成立してから5年ではありません。

債務整理をした方で、新たに借り入れをしようと思う方は、念のために個人信用情報を見てから申し込みされた方がいいです。
早まったことをしたために、借り入れができなくなってしまうということにもなりかねません。
新たに借り入れをお考えの方はご注意ください。

信用情報の詳しくはこちら→ 信用情報

大阪の任意売却なら
『関西エステート任意売却相談室』
におまかせください。
フリーコール 0120-658-021

コメント


認証コード5274

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional