任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

・住宅ローンの返済に困ってきたら

・住宅ローンの返済に困ってきたら

住宅ローンの返済に困ってきたら、してはいけないことは、住宅ローン返済のためにカードローン、キャッシングなどでの借り入れは絶対しないことです。
ただでさえ住宅ローンの支払いがしんどいのに、さらに借り入れをすると今以上に苦しくなることは明らかです。

住宅ローンが苦しくなってきたらそこで考えてください。
このままローンの支払いがやっていけるのか、無理なのか。
無理だとご自分で判断した場合は、その苦しい住宅ローンの支払いをストップしましょう。
そして、任意売却をすることを決めましょう。

今の状態から生活を再建するためには、任意売却で売却することが一番有利に生活を再建できるはずです。
住宅ローンの支払いをストップすると、その分のお金に余裕ができます。売却して引渡しをするまでの間は、言い方を変えれば、今の家にタダで住めることになります。

住宅ローンをストップしてからだと、売却して引き渡すまでの期間は、スムーズに売却できたとしても、だいたい半年以上はかかります。
1年くらいかかることもあります。その期間は何せ、タダで住めているのですから、その分を再出発のために蓄えておいてください。

住宅ローンの返済がこれ以上無理だとなった際は、決して無理をしないことが今以上に苦しくならないための鉄則です。

住宅ローンの返済ができなくなってきたいう方、ご相談ください。

関西エステート任意売却相談室
フリーコール 0120-658-021(携帯からも可)

コメント


認証コード0215

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional