任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

親子間売買

親子間売買

親子間で不動産の売買をすること。
親が住宅ローンを払えなくなって、売却しなければならない状況だが、住み続けたい場合に選択する方法の一つ。
親子間売買の場合、購入資金を現金で用意できるときは、とくに問題はありませんが、住宅ローンを利用しなければならない場合、貸してくれる金融機関がほとんどないので注意が必要です。
親子間売買の融資が厳しい理由は、

  • 親子間売買は、売買代金の妥当性が問われる。
  • 融資金の利用方法が適切になされるか疑問がある。

というような理由で、保証できないということになっているようです。
でもまったく無理、ということでもなく、方法はありますので、住み続けたいという方はご相談ください。





用語解説もくじ にもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional