任意売却後の滞納税金等

任意売却後の滞納税金等

滞納している税金、健康保険料について

滞納している税金、健康保険料(以下、「税金関係」と略します。)は、任意売却あるいは競売になったからといって免除にはなりません。

これも『残債務』と同じでよく勘違いされている方がいらっしゃいますが、なくなりません。

不動産業者でも勘違いしている方がいらっしゃいます。勘違いしている業者さんの言うことを信じて、放っておいたりして、あるとき突然、給料差押なんてことにならないよう注意が必要です。

ちなみに、自己破産して免責になると『残債務』など借入金は支払う必要がなくなりますが、税金関係は、「非免責債権」といって、自己破産しても支払いの責任を免れません。
税負担の公平性を保つためですね。

住宅ローン返済に行き詰ってしまう方は、税金関係も滞納している場合が多いかと思いますが、今からでも毎月少しづつでも納められることをおすすめします。
滞納している金額にもよりますが、少しづつでも納めておけば差押をされる確率も少なくなります。

役所の差押がされると、一度は話し合いに行っていただくことが必要になりますし、差押を解除してもらうために解除料を払わなければならなくなります。

差押の解除料についても、役所によっては結構な額を納めないと解除をしてもらえない場合もあったります。

この解除料は、売却代金の中から、債権者様が配当してくれるのですが、これが債権者様の許容範囲を超えた解除料になると任意売却ができなくなることもあります。


ここで最悪なケースを紹介しますと、任意売却で売りに出していて、購入希望者が現れ、住宅ローンの申込みをし、承認が取れて、各債権者様の稟議もおり、決済・引渡しの準備を万端ととのえて、決済日の当日、登記を確認すると「事件中」です、とのこと。(これは、何かの登記申請がされているということです。)

そうです。これは決済日に役所が差押登記を申請したのです。こうなっては、決済ができません。新たに「差押」が増えてしまったので、それを解除してもらわなければなりませんので、債権者様にお願いをし、売却代金の配当を変更してもらい、解除料を出していただくようにしてもらわなければなりません。

配当の変更を認めていただけて、日を改めて後日再度、決済できればいいのですが、すんなりいかない場合もあります。こうなると最悪です。

こうならないためにも、税金関係を結構な金額を滞納している方は、少しづつでもいいので納めるのが賢明です。そして、役所には自宅を売却することを悟られないようにするのがいいと思います。売却するということを察知されるとすぐに『差押』をされてしまいます。

結構な金額の滞納があって、差押がまだの場合は、上記のようなことを注意していただきたいですが、最初から差押がされている場合は気にしていただくことはありません。



w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional