任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

滞納が始まっている

滞納が始まっている

返済が厳しくなり、すでに滞納が始まっている方は、遅れながらでも支払いを続けて行けるか、売却しないと解決できないか、をよく考えなければなりません。

ここで無理をして、住宅ローン返済のために、金利の高いカードローンや消費者金融などで借り入れをして、住宅ローンの返済に充てる方がいらっしゃいますが、これは悪循環を生むだけです。

住宅ローンの返済が厳しいのに、さらに金利の高いところから借入れをして返済負担を増やすというのは、無茶でしかないと思います。

無茶はやめておきましょう。

滞納が始まると、金融機関から催促の電話がかかってくると思います。
遅れながらではあるが、支払いはやっていける、売りたくないという方はキチンと事情を説明しましょう。

滞納を3ケ月くらいすると、ちょっと厳しい内容の書類が送られてきます。

このままですと、保証人である保証会社に肩代わり返済を請求し、代位弁済の手続きに進んでいきます、というようなことが書かれてあります。

このように滞納が始まると、金融機関から電話、書面で連絡が来るようになりますが、どうせ連絡しても返済できないから、ということで放置される方が結構いらっしゃいます。

放置しておいても何もいいことはありませんので、連絡するようにしましょう。

続けていける、無理、どちらの場合も連絡はするようにしましょう。

返済が無理な場合は、売却することを考えなければならないでしょう。

住み続けたい場合は、リースバック、あるいは、身内に協力してくれる方がいる場合は親族間売買などを考えるのも方法です。


w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional