任意売却後の残債務について

任意売却後の残債務について

残債務(残る借金)について

任意売却であれ、競売であれ、売却して返しきれない部分の借金についてですが、残債務として残ります。
よく勘違いされている方がいらっしゃいますが、これがいきなり免除してもらえることはまずありません。

担保のなくなった残債務として残り、返済をしていくことになります。

この返済については、債権者様との話し合いで、無理のない範囲での少額の返済で了承していただける場合がほとんどです。

債権者によってその後の対応に違いがありますが、政府系金融機関と民間金融機関で大きく違います。

政府系金融機関(住宅金融支援機構)の場合は、回収手続きを

  • 株式会社住宅債権管理回収機構
  • エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社
  • 日立キャピタル債権回収株式会社

に委託しています。
生活状況確認書という書類に現在の収入状況などを記入し、返済額の相談をします。

民間金融機関の場合は、残債務の債権をサービサーに売却する場合が多いです。
サービサーからサービサーへと再度売却する場合もあります。

残債務の債権というのは、債権者にしてみれば回収見込みの少ない債権、という位置づけのようです。任意売却後の担保のない債権はそうなるようです。

そんな債権をサービサーは買取るわけなので、額面金額よりかなり安くで購入しています。買取り金額は企業秘密なので詳しくは分かりませんが、一般的に額面の数%程度と言われています。

サービサーに債権が売却されると、あなたにとっていい提案をできるようになることがでてきます。

残債務額に対して、少額の一部金の支払いで債務を免除してもらえるように話し合いをして、認めてもらえる場合があります。

不動産業者によっては、このあたりのことを、フォローせず、放ったらかしにしている業者、また放置、逃げ回りを勧めている業者もあるようですが、当社で任意売却をご依頼いただいた皆様には、キチンと最後までフォローさせていただいておりますので、安心してご相談ください。

放置、逃げ回りは決してお勧めしません。何もいいことありません。
わずらわしくても債権者からの連絡には対応するようにしましょう。

任意売却後、残債務についてのサービサーとの話し合いは、任意売却中のように私どもが依頼者に代わってさせていただくことができなくなっていますので、お話をするのはあなたが直接していただくことになりますが、どのようなお話をしたらいいかは、アドバイスさせていただきますので、安心してください。


w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional