任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

任意整理

任意整理

借入れ件数、債務の総額がそんなに多くない方に向いている整理方法と言われています。

自己破産を考えるほどの状況ではないのだけど、このままだとまず立ちいかなくなってしまうという方にむいている整理方法です。

任意整理は、借金をなくす方法ではなく、借金を減らしてもらう方法です。和解が成立すれば、その金額を3~5年で支払っていくことになります。ですので、借金が多く減らしてもらっとしても、3~5年では返済できない、という方には向いていない方法です。

任意整理は、任意という言葉の通り、法律の力を使わずに、債務者債権者が話し合いにより問題の解決をはかります。

あなたが直接、債権者と話し合うこともできるのですが、ご自分でされると不利な条件での和解になることが多いようです。相手はお金を貸しているプロなので、法律の力を使わない方法では、相手に分があるでしょう。

手続きを頼む場合は、認定司法書士、弁護士に依頼することになります。

認定司法書士、弁護士に依頼をすると債権者に、あなたから任意整理の依頼を受けたという「受任通知」という書類が送付されます。
これが送られると、取り立てがストップします。

ご自分でされる場合には、取り立てもストップしないことがよくあるそうです。

任意整理は、あくまでも債権者との交渉ですので、債権者が納得できないような条件を出してしまうと、交渉決裂となり、任意整理は一旦終了となってしまいますので注意が必要です。




用語解説のもくじ にもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional