任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

代位弁済された

代位弁済された

代位弁済(肩代わり弁済)されてしまうと、『期限の利益』を喪失させられていますので、分割返済はもうできません。

住宅ローンの残金全部を返済するようにと、肩代わり弁済をした、保証人である『保証会社』から連絡がきます。

連絡が来る窓口が金融機関から保証会社に代わります。

ここで何も連絡をしないでいると、保証会社は『競売』へ手続きを進めていくことになります。

この段階になると、

① ローン残金全額の一括返済、
任意売却
③ 競売、
の三つしか方法はありません。
①は現実的ではないでしょう。
となれば、任意売却を選択するのが得策です。

任意売却を選択して、有利に問題を解決していきましょう。
まだ間に合います。


w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional