任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決の関西エステート。大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山の近畿圏対応。

今後が心配だ

今後が心配だ

  • 今は、滞納等はないが、この先の返済を考えると、続けて返済していくことができるかが不安だという方

この場合は、早い時期ですと、住宅ローンの借換えにより問題が解決できる場合があります。

住宅金融公庫など固定金利で、金利の高いときに借りられている方は、フラット35、銀行の住宅ローンなどに借換えをすることで支払い額を低くできる場合があります。
現在の住宅ローン金利は低いですから。

ただ、住宅ローンの借換えは、どの金融機関も、過去一年間の返済に遅れがないこと、というのが条件になっています。

ですので、一度返済が遅れると、そこから一年先までは、住宅ローンの借換えができなくなります。

  • 今は厳しいが、少しの間しのげればあとはやっていける、という見通しのある方

この場合は、『返済条件の変更』(リスケ)をお願いするのも一つの方法です。

返済条件を変更してもらうことにより、一時しのぎができます。
その間に立ち直られる見込があれば、活用するといい方法の一つです。

見込みがなくて、一時しのぎだけをしても、余計に金利等のお金を支出するだけですので、よく考えて利用すべきです。

このように、状況・時期によっては、売却せずに問題が解決できる場合があります。

不安をもったら、早い段階で行動するのが得策です。

ご相談いただければ、ご希望にそった解決方法をご提案させていただきます。


w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional