任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリットデメリット

任意売却のメリット・デメリット

住宅ローン返済に行き詰って、そのまま競売になってしまうのと、積極的に『任意売却』で売却した場合とで、どんな違いがあり、メリットがあるかを説明します。

   任意売却競売
 売却価格    ほぼ市場価格で売却   市場価格の6~7割程度
 残る借金  多く返せるので少なくなる   安くしか売れないので多く残る  
 内部事情 自分で言わなければわからない     広く世間に公表される
 引越し代  債権者が捻出してくれる      自分で負担
 残債務交渉      しやすい       しにくい
 引越し日   相談して決められる 裁判所のスケジュール(強制退去も)
 税金の差押  滞納金の一部を債権者が負担   滞納金は全額そのまま残る

このような違いがあります。

任意売却のメリット

  • 競売と違い、ほぼ一般市場価格で売却できますので、より多くの返済ができ、残る借金が少なくなります。
  • 債権者には、競売に比べより多くの返済ができることになりますので、それによって、残る借金の返済相談がしやすくなり、柔軟に対応していただけます。
  • 任意売却の売却方法は、普通の売却と同じですので、『競売』のように裁判所からインターネットに公開されたり、新聞に載ったりして周りに住宅ローン破綻したことがわかることはありません。
  • 再出発に必要な引越し代も任意売却の場合は、ほとんどの場合、債権者が捻出してくれます。
  • 税金・健康保険などの滞納があり、差押がされている場合、解除金として滞納金の一部を債権者が負担してくれます。
  • 協力者がいると、そのまま住み続けられる可能性があります。


任意売却のデメリット

  • 保証人連帯債務者がいる場合、売却することの同意をもらわなければなりません。
    競売では同意も何も必要なく、強制的に法律によって進められていきますが、任意売却の場合、同意が必要になります。
  • 信用情報に事故情報として記録される。いわゆる「ブラックリスト」となることです。
    これは、任意売却が事故情報になるのではなく、住宅ローンの滞納が3ケ月以上になると「延滞」記録として、期限の利益が喪失させられて、代位弁済などになると「移動」情報として記録されることが事故情報(ブラックリスト)となるのです。

    詳しくは、『信用情報』を参照ください。




…保証人・連帯債務者の同意について…
保証人連帯債務者は、任意売却・競売どちらで処分された場合でも、借金が残る場合は、残る借金に対して今まで通りの責任は残ります。
それなら、残る借金が少なくなる任意売却に同意して責任の負担が少なくなる方が得策と思います。

中には、保証人・連帯債務の責任を負った当時の購入金額と比較して、現在の査定金額を聞いて、
『購入時は購入価格ぐらいの資産価値があるから保証人・連帯債務という責任を負ったのだ、そんなに安くでしか売れないのはおかしい、安く売ると借金が多く残るだけではないか、とうてい同意できない。』

というような理由で同意をしてくれない方もいらっしゃいますが、任意売却に同意していただけないと、金融機関は『競売』手続きを進めて行きますので、余計に借金が多く残り、責任の負担が増える結果になってしまいます。

売却以外に解決方法がない場合は、任意売却に同意をした方が得策です。

w620お問合わせ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional