任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定でお悩みの方は、関西エステート任意売却相談室へ

swfu/d/mainjutakuroan.jpg

任意売却、住宅ローンの返済・滞納、競売開始決定の問題解決窓口

  • 大切なのは売却後の生活の再建です!
  • スムーズな再スタートのために有利に問題を解決します!
  • 徹底サポートにより売却後のフォローもお任せください!


[check]無理なローンの支払いはしないでください。
[check]任意売却中は住宅ローンを返済しなくても大丈夫です。
[check]あなたの代わりに金融機関と交渉します。
[check]ローンの残債務を大きく減額できます。
[check]引っ越し代の確保もおまかせください。
[check]あなたや家族の秘密は守られます。
[check]必要な方は、司法書士や弁護士などの専門家がサポートします。
[check]任意売却後のアフターフォローもおまかせください。


任意売却のメリット

そのまま放っておいて競売になるのと比べると、以下のようなメリットがあります。

  • 競売より高く売却でき借金を多く返せ、残る借金が少なくなる。
  • 再出発に必要な引越し代を手当てしてもらえる場合が多い。
  • 普通の売却なので、あなたや家族の秘密は守られご近所さんにも事情は知れません。
  • 手元から持ち出しで費用がかかりません。
  • そのまま住み続けることができる可能性があります。
  • 残る借金は、無理のない少額の返済で許してもらえます。
  • 残る借金を免除してもらえる場合があります。


任意売却の費用

任意売却で、あなたが持ち出して費用を負担することはありません。
持ち出し費用負担は、です。
売却が決まったら、仲介手数料、引渡すための登記費用などの費用が発生しますが、これらは、売却代金の中から金融機関が負担してくれますので、あなたが持ち出して支払う費用はありません。

※ただし、引渡をするのに必要な、住民票、印鑑証明書、固定資産税評価証明書の交付費用は必要です。


次のような不安や悩みのある方ご相談ください。

画像の説明
  • 失業・減給・ボーナスカットで収入が減り、この先返済が苦しくなる、または、すでに苦しい。
  • すでに住宅ローンを延滞・滞納していて、どうしていいかわからない。
  • ゆとりローンで支払額が増えるので今後の返済が厳しい。
  • 支払いを滞納している、元夫・妻の保証人・共有名義になっていて金融機関から連絡が来ている。
  • 金融機関からの督促の連絡に困っている。
  • なんとか住み続ける方法がないか悩んでいる。
  • 親族・親子間で売買できないか悩んでいる。
  • 何とかして競売は回避したい。


責任を持って担当させていただきます。

代表者 岡本伸大

お悩みの皆様の問題を解決できるよう、皆様のご希望を最優先に、誠心誠意お手伝いをさせていただきます。

何でもそうだと思いますが、知らないがために損をする、知っていれば他に手はあった、損をしなかった、ということが多いと思います。

任意売却』も最近はだいぶんポピュラーになってきているとは思いますが、まだまだご存じでない方が多く、競売になっているのでは?と、思われるケースが多いように思います。
  代表取締役 岡本伸大
               一人でも多くの方に、有利な問題の解決方法があることを知
               っていただき、返済の苦痛から解放されスッキリと再出発し
               ていただければ、と思っています。
               お気軽にご相談ください。



近藤陽介 先生

住宅ローン以外にも借入があり、返済でお悩みの方の問題解決のお手伝いをさせていただきます。

借金問題は精神的苦痛をともない、お悩みの方が多いと思います。
問題を解決して、スッキリして再出発をしていただければと思います。
ご希望を優先し、あなたに最適の方法をご提案させていただきます。
  アース司法書士事務所
  司法書士 近藤陽介    お気軽にご相談ください。



任意売却の進み方



任売流れよこ緑

詳しくはコチラ⇒任意売却の流れ

ご依頼をいただいた後は、債権者様との交渉などの手続きは私どもがいたします。
お客様にご負担はかかりません。


親切、丁寧な対応を心がけています。

お客様の状況をお聞かせいただき、ご希望を優先して、一番いい解決方法を提案させていただきます。
人によって悩みやご希望はちがいます。

任意売却』をうたってはおりますが、何もかもを『任意売却』で売却しましょう、というようなことはいたしません。

住宅ローンの借換え、リスケで問題が解決する場合もあります。
ご希望を優先して、状況に応じた解決策をご提案します。

無理なご提案は決していたしませんので、安心してご相談ください。
悩んでいるだけでは問題の解決になりません。

まずは、一歩踏みだしてのご相談が状況を打破する糸口です。

いつでもお待ちしております。

お客様の声

  • 福岡市 K様
    • その節はお世話になりました。
      私の場合はマンションでしたが、もともとは大阪で自宅として住んでいたものですが、事情があり、実家の方に引っ越すことになり、賃貸で貸していました。
      家賃の収入があったものの、自営業でしている仕事の調子が良くなく、住宅ローンが滞るようになり、いろんな通知が来るようになり、そんなときに御社のホームページをみて相談しました。
      初めてのことでよく分らなかったのを丁寧に説明していただき、引渡しのときには、配当で足らなかった滞納金、また引越し代までいただけ感謝しています。
      今はひと段落して、住宅ローンのストレスがなくなったので、仕事の方をがんばっています。
      経験者からのアドバイスとして、とあまり偉そうなことは言えないですが、返済が無理な方は、無理はせずに、早く相談するのがいいですよ。
      ○○さん、ありがとうございました。


  • 泉大津市 T様
    • ごぶさたしてます。
      手紙をもらってましたが、返事が遅くなりすみません。
      とにかくお世話になりました。
      あの時は精神的にもまいってて、いろいろ迷惑もかけてすみませんでした。
      その後はおかげさまで気持ちも持ち直し、仕事に精を出せるようになってます。
      残った債務の返済は、こちらの事情もわかってくれ、ぼつぼつ無理ない金額を返してます。
      聞いてたように、もし窓口が変わったらまた連絡しますので、教えてください。
      よろしくお願いします。


  • 豊中市 H様
    • 御社に相談してよかったです。
      ご縁なんでしょうか、ネットでいっぱいの業者がありましたが、御社に相談しました。
      対応早かったですよね。
      住宅ローン以外の債務名義をとられているのが1件あったので、お互い最後までドキドキしましたけど、無事終わってよかったです。
      その後は、スッキリできたので、ボチボチしてます。
      税金関係の支払いを大部分してもらえたのがよかったです。銀行にがんばってくれたんですよね。
      もうこんなことになることもないですけど、また何かのときにはお願いします。


解決事例のご紹介

  • リストラにより失職しローン破綻したが、任意売却で解決し、再出発。
    • Aさんは、リストラにより職を失いました。
      再就職の活動をしていましたが、勤め先がなかなか決まりませんでした。
      やがて支払いができなくなってきて、ローン破綻するに至りました。
      いろいろあったのか、離婚にもいたってしまいました。

      ご依頼いただき、販売を始めて、そんなに時間がかからずに売却先が決まりました。

      失職による収入減、自営業の業績不振による収入減による破綻は一番多い例です。
      そして、今よりも価格が高い時期に不動産を購入されている方がほとんどです。
      Aさんも今と比べると、かなり高い時期に購入されていました。
      今回売却できた金額の倍の金額の住宅ローンが残っていました。

      価格が高い時期に購入されている方は、借入額も多く、支払額も高額です。
      そのような不動産は、担保割れしていて、現状の資産価値を上回る借金に対して返済していることになります。
      考えようによっては、もったいない返済ということになります。

      Aさんは、任意売却により、この借金の整理ができ、引越し代も確保でき、無事解決できました。そしていいタイミングで再就職先も見つかり、見事に再出発をされました。

      残債務に対しては、しばらくは月々5,000円の支払いを続けて行かれると思いますが、銀行の住宅ローンでしたので、そのうちにサービサーに債権が売却され、有利に問題を解決できるようになることでしょう。

  • 高額の健康保険、税金等を滞納していたが任意売却により解決できた事例
    • Bさんは、自営業を営んでいましたが、不景気のあおりを受け、立ちいかなくなりました。

      住宅ローンの破たん以前から、国民健康保険、住民税、固定資産税などの滞納もあり、それら税金関係の滞納額がハンパではない額になっていて、当然差し押さえも入っていました。
      税金関係を滞納すると、滞納税もつきとんでもない金額になります。

      すでに差し押さえ登記がされていて、滞納額が高額だったので、事前に役所に行って差し押さえの解除料の相談をしにいきました。
      国税徴収法を盾にして解除料を少なくしてもらおうとがんばって相談をするのですが、滞納している金額が金額なので、債権者様が負担してくれるであろう解除料の許容範囲には話が落ち着きません。
      まぁ、役所の人がいうことが当たり前です。

      事前にそういう確認ができていたので、解除料の足らない分は引越し代として、購入者の方に負担していただくように販売方法をとりました。

      売却できるまで少し時間はかかりましたが、無事購入者があらわれ決済することができました。

      この任意売却により、役所は滞納金の一部ではありますが、結構な金額を回収することができ、所有者は引越し代をいただき、スッキリして再出発をしていただけることになりました。
      競売になっていたら、役所は滞納金の回収が一円もできないところでした。

      役所をはじめ、債権者、所有者、仲介業者等、任意売却は関係者がすべてwin&winです。

解決しなかった事例

  • 債権者から任意売却を承諾してもらえなかった事例
    • 任意売却のご相談、ご依頼をいただいたき、債権者様に連絡をしたところ、
      Hさんの任意売却は認めることができません、との返事。
      なぜかという理由は詳しくは教えてくれません。がこのような場合、ほぼ理由は決まっています。

      お客様自身の債権者様への今までの対応が悪かったことが原因です。

      債権者様からの連絡を無視、放置、あるいは約束を守らなかった、あるいは逆切れしたなどが原因です。
      債権者様が任意売却を承諾しないということは、競売でしか売却できないということです。

      任意売却を承諾してもらえ、売却できれば、再出発資金の手当てをいただけるのに、競売となればそれがなくなります。

      これをご覧いただいた方は、決して上記にある放置、無視ましてや逆切れなどのことはしないでください。

  • 任意売却期間が普通より早く打ち切られ競売になってしまった事例
    • これも先の事例と同じで、お客様自身の債権者様への対応の悪さが原因でなった事案です。
      通常の期間より約1ヵ月早く打ち切られました。
      競売の手続きが進んでいるなかでのご依頼でしたので、もともと残された時間は少なかったのですが、さらに時間がなくなり、販売活動できる時間がほとんどなくなりました。

      債権者様が住宅金融支援機構の案件でしたが、今までに債権回収会社との約束を何度も破り、放置したことが原因でした。
      もう少し時間さえあればなんとかなったケースです。

      競売手続きが進んでいる場合は、時間が勝負ということになります。

      任意売却を承諾してもらえても、販売活動する時間がなければどうにもなりません。

      最近の住宅金融支援機構の案件は、高い価格設定をされる場合が多くなっていますので、余計に時間が必要です。

      くれぐれもご注意ください。


お問合わせ


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional